旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2008.08.02 Saturday

吸いすぎに注意しましょう!タイの分かりやすい注意表示!



知ってる人は知っているタイのタバコの注意喚起写真。
肺ガンの末期患者や死んだ人の肺の状態を分かりやすく写真で紹介してある。

こうなりますよと見せられ、それを見ながら一服するもまた乙。

お土産にワンカートン買ってきたが・・・
自分では吸わないので、これから会う友人知人にあげようと思っている。

この写真以外に、肺ガンの臓器のアップ、肺ガンで死んだ人の手を洗っている写真の3パターンあった。

以前はもっとエグイのがあったように思ったが、人権やプライバシーに配慮してか多少おとなしめの写真になっている。

みなさま、くれぐれも吸いすぎに注意しましょう・・・

ではなくて・・・吸ったらこうなります!

2006.11.18 Saturday

台湾・よいこのボールペン!













台湾の空港で配っていたボールペンです。

いくつ分りましたか?

よいこの約束!

2006.10.24 Tuesday

病気携帯!



中国は、押しも押されぬ携帯大国!
契約者数世界一を誇る!

考えてみれば、あの広い中国に、電線を引くよりも、
基地局を何箇所か立てたほうが安上がりだ。

その昔は特権階級のおもちゃだった携帯も、
2000年に入る頃には、一般に普及し、携帯からIP回線に入って
電話をかけるIP電話も早くから開通していた。

携帯電話の評論記事なども出ていて、ビックリした。

製品は、ノキア、モトローラ中心だったが、のちに、
ソニー、松下など、日本企業も参入。

形式は、世界標準のシムカード方式。


NTTの失敗

NTTが、携帯の方式を選択する際に、アメリカの圧力により、
当時のモトローラ方式を選択した。
しかし、その後は、世界は、シム方式に動き、
焦ったアメリカも大急ぎでシム方式に転換、
しかし・・・日本は、そのまま取り残され・・・現在に至る。

ヨーロピアンやアメリカ人は、自分の携帯持ってきて、
シムカード入れ替えるだけで、ほとんどの国で通話可能。



この雑誌の特集は、「10の故障しやすい携帯電話」
病気持ちの携帯という言い方をしています。

確か次のページには、日本の「○下」の携帯が・・・。

だいぶ前の雑誌です。

2006.10.23 Monday

ホテルマンでも開けられない!自分だけのドアロック!



旅先で、ホテルマンが怪しい。。。と思ったら・・・これ!
ノブにカップをかぶせて、その上から南京錠をかけます。

こうするとカップを回しても、ノブが回らず、
部屋の鍵を持っていても開けられない。

雰囲気の悪い宿や初めての宿に泊まるときは、便利です。

2006.06.25 Sunday

海外コイルヒーター事情!

 
コップで湯を沸かす!600W


普通、湯沸かし器を持っていないときには、
コイルヒーターでお湯を作ります。
上の写真は、13センチくらいの長さで、220ボルト用、600ワットのもの。
コップに入れてちょうどいいサイズです。
ベトナムで30円弱くらいで買いました。

毎回買っているので家に3つくらいあります。

熱い湯を浴びたい! 1000W

 日本人なら、たまには、「熱いお風呂に入りたい! 」
と思うものです。
それで買ったのが、この1000ワットタイプ!
長さ21センチくらいです。ベトナムで、100円くらいで買いました。

これで、ホットシャワーのないところに泊まったとき
風呂を沸かそうと思いましたが、かなり時間がかかって
実用的ではありませんでした。

それ以来もっぱら、バケツの水をこれで沸かして、自作の手桶で
お湯をかぶっていました。

雨季は、東南アジアでも寒い場合がありますから。

2006.06.15 Thursday

エアサプライ・・・チベット空気事情

チベット空気事情



チベットの空気を詰めたスプレーです・・・・・・(嘘)

高山病用の酸素ボンベです。
「このボンベのおかげで元気になりました」
という話は、聞いたことがありません。
自分で買うのはいやなので買った人に写真だけ撮らせてもらいました。
薬局で売っています。


クリックしても買えません

2006.06.09 Friday

ペットのヤモリ君

ペットのヤモリ君



 バンコクで買ったヤモリ3匹。
中には綿ではなくて、砂が入っていて
なかなかリアリティーある重さになっている。




 東南アジアに行くとよく家の壁にヤモリが張り付いている。
半透明のグミのような色のやつだ。

 このヤモリが好きで、よくベッドにゴロンと寝転びながら天井のヤモリを眺めていた。
いつもはジッとしていて、一瞬サッっと動く。
ヤモリは何をしているのかというと蚊やハエを食べているのだ。
気持ち悪いという人もいるが、このヤモリ結構いいやつなのだ。

たまに、足を滑らせてベッドに落ちてくることもあるが、「ゴメン、ゴメン」と大急ぎで壁を登っていく。



本物のヤモリは、朝晩「ケッケッケッケッケッケッ」と鳴く。
現地在住の日本人に教えてもらった。
これが結構大きな鳴き声で、朝は、この音で目が覚めてしまう。

夏の1日はこうして始まる。

ネット屋に行って気温をチェックすると東京のほうが高い。
真夏は、熱帯雨林のこの国より日本のほうが暑いんだなぁ・・・。

▲top