旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2008.01.27 Sunday

中国雲南省麗江ナシ族!90年代の麗江を歩く!



今では、世界遺産になってしまった麗江。
初めて行ったのが93年で、その時は、着いてすぐにひき逃げにあって
入院してしまったので写真を撮るどころではなかった。

上の写真は、多分95年あたりの写真だと思う。

当時の雲南省は、麗江よりも大理が人気で、たくさんの日本人とヨーロピアンが滞在していた。
外国人向けのカフェも大理に多く麗江には、数えるほどしかなかった。

このあたりは、山岳地帯で標高は2400、貴州に比べれば極貧地帯ではないものの
田舎の山奥ということで生活は消して豊かではなかった。

特に農民の生活は大変で、家を覗いてみると
食事は重湯のような物を丼で一杯飲むだけ・・・
という厳しい生活をしている人たちも多かった。

旧市街の中心「四方街」は、本物の古い石畳と建物に囲まれていた。
そして、ほかの中国の村にありがちな不潔さがない。
村を流れる水路は、玉龍雪山など雪山から流れてくる透き通った水だ。

街行く納西(ナシ)族の衣装は、ほこりまみれで決して綺麗ではない。
今のように観光用のものでなく普段着の民族衣装なのだ。

数少ない観光用のカフェの中には、
「ハッピーケーキ」だとか「ハッピーピザ」と称して、
マリファナ入りのケーキやピザを出していた。

それを知らない日本人の学生が「ベリーハッピー」と注文してしまって、
こんにゃくのようにグニャグニャになって宿に帰ってきたりした。

その後の観光化は凄まじく、石畳は新しく作り直され、
建物は昔風の映画のセットのようなものになってしまった。

そして、いつの間にか石畳の両脇はすべて御土産屋になっていた。

世界遺産になり人々の生活は変わった。
以前より豊かになっただろうことは間違いない。


そして私は、また別の場所を探さなくてはいけなくなった。

2006.08.06 Sunday

中国の翼・・・南方航空・・・

 
ボルトが外れてないかチェック!


中国で初めて飛行機に乗ったのは、91年。
当時は、中国経済もまだまだで、飛行機に乗れるのは、
一部の特権階級のみだった。

ティッシュボックスはあろうかという携帯電話を持ち、
搭乗時には、「今から飛行機のるからなぁ〜」
と、自慢の電話を入れていた。
離陸のときにも、まだ電話しているものもいて、
墜落しないかヒヤヒヤした。

滑走路のすぐ脇には、近くの住人らしき人が、
小さい子供とウンコ座りして、飛行機を見送っていた。
日本では考えられないことだが、
当時の中国では、簡単に滑走路内に入ってこれたのだ。





※日航機墜落のフラッシュです。
実際のボイスレコーダーの音声です。
いつ聞いても泣けます。
本物の迫力があります。

2006.07.07 Friday

中国・景洪・シーサンパンナ

 
景洪のタイ族レストラン街の子供たち


 これも、学生時代の写真。'93か'94年。

景洪は、大理からバスで2泊3日、景東経由だった。
景東は、当時、未開放。外国人は、立ち入り禁止の場所だった。
何があるという訳ではない。

恐る恐るホテルでパスポートを出すと、
なにやらどこを見て良いのか
わからない様子・・・。

「日本人です」と言って、1ページ目を開いた。

宿帳の氏名の欄には「日本国外務大臣」と書かれていた。
ちょっと偉くなった気分だった。

景洪は、当時から発展していた。
宿は、町外れのタイ族レストランの2階。


路地で子供が集まって何かしている。
こういうのを見ると覗かないではいられない。

私は、さすがに生まれた時の記憶はないが、
しゃべれなかった時の記憶はある。
大人の話が大体分かって、大人が話しかけてくるんだけれども
私は、言葉を知らないので、話そうとしても言葉が出ない。

だから、子供が集まっていると、
なにか大人には言えない重要なことを
話しているんじゃないかと思うのだ。

こっそり近づいて、覗いてみると・・・。

ポップコーンを食べていた。

いや、・・・大人が来たから、大事な話をやめ、子供っぽく
ポップコーンを食べてる振りをした・・・のかもしれない。

※オリンパスμ使用・・・ちょっと歪んでますね。

2006.06.27 Tuesday

大理の朝・・・じゃなくて・・・麻・・・

 
大理の名物「麻」


大理名物?の麻です。
観賞用でカフェなどに飾ってあります。

秋口になると、毎年決まった人たち(旅行者)が、
やってきて街中の麻を伐採します。

彼らはとても幸せそうです。

2006.05.19 Friday

大理・太陽島カフェ

 斜めにかけられ、ほとんど読めない太陽島カフェの看板


チベットの帰り、大理に寄った。

太陽島が人民路のほうに移動していた。繁華街からは、少し外れて、長距離バスが走る公路に近い。2招が改装中でだったので、初めて太陽島の10元ドミにとまった。板の間雑魚寝方式。掃除が行き届いていないのかちと痒い。

以前から評判のいい料理は、安くてボリュームがある。カツ丼、から揚げ定食など。私が泊まったとき、100%日本人だった。カフェのほうは、中国人日本人半分半分。大理黎明期日本人が作った?町?大理も今や中国人頼み。この通りは、新しくできたカフェが多い。これまでとは違う発展をしそうなところだ。今は、麗江がメインだとか。私は、訳あって素通りしましたが。





田舎町には優しい光がよく似合う。



▲top