旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 日本の秘湯!別府八湯温泉道!別府・明礬温泉!酸性のアルミニウム泉・湯元屋旅館! | TOP | 日本の秘湯!別府八湯温泉道!墓地の中の無料露天風呂!別府・鶴の湯! >>

2009.02.20 Friday

日本の秘湯!別府八湯温泉道!別府・野味あふれる無料の泥湯・露天風呂!鍋山の湯!




別府に雪が降った。

ちょっと気が重いが、今回は、時間もあまりないので、鍋山の湯に向かう。
場所は、へびん湯の近く。
小さい案内がたっているので、見逃さないように進む。

途中バイクを止めて、写真を撮った。
右上の濃い緑がなければ、チベットのアムドのようだ。

ただ私は、徒歩でも自転車でもなく、バイク。

この後道はさらに険しくなる。
車の人は底をすらないように細心の注意が必要だ。

別府を見下ろす山中にある泥湯「鍋山の湯」





道が険しくなり、さらに進むと、車だ止められそうなスペースが出てきた。
その先は、さらに険しい。

オフロードバイクなので、コブをトライアルのような感じで登っていく。
長い距離ではない。歩いてもすぐだ。

坂を登ると、かなり広い・・・ちょっとしたグランドくらいの広さの平らな場所が現れる。

バイクを止めて、さらに急な小道を歩く。

至る所から蒸気が噴出している。
赤茶色と黄色、硫黄の香りが心地よい。





一番目の露天風呂は、透明な湯だ。
このときは、まだ、湯を張っている最中だった。

来るときにすれ違ったジープの人が、管理をしいる人(後で知ったのだが)のようで、
風呂を掃除して、湯を張り替えたようだ。

無料の温泉は、こうした有志の力がないと成り立っていかない。

ここは、泥湯のあがり湯にするとよいだろう。




すぐ脇には、蒸気を吹き上げる源泉。

泥湯は、もう少し上にある露天風呂。
50メーターくらいだという。




目指す温泉は、ここ。
きめの細かい泥の湯の温泉だ。

写真の手前の温泉は、ぬる湯。(登って行った時手前が熱く、奥がぬるい)
雪と風で冷え切った体には、温かく感じたが、
慣れてくると寒くて湯舟から出られない。





熱いほうの湯舟に移動する。
肩が寒いので、寝転ぶようにして湯につかる。

寒々しい風景もまたおつ!

コメント

 これは素晴らしい温泉ですね!でも車でも行きにくそうですね。
 季節がいいときなら最高のロケーションといいお湯みたいです。
2009/02/24 12:54 AM by モリノブ
気候がいいと人も多くなりますね。

なかなかうまくいきません。

2009/02/24 11:03 PM by osaki
車道が出来て 車が入れる様になっていました。
歩きは30mで苦になりません。
最高の 展望の天風呂でした。
2009/11/02 4:45 PM by
4輪駆動の車でないとは入れないくらいに崩れていたのですが修復したのでしょうか・・・

メンテが大変ですね。
2009/11/03 8:34 PM by おおさき

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.nostalgia-web.tv/trackback/1120008

トラックバック

▲top