旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 日本の秘湯!別府八湯温泉道!別府・野味あふれる無料の泥湯・露天風呂!鍋山の湯! | TOP | 日本の秘湯!箱根仙石原温泉!リーズナブルな酸性の塩化土類石膏泉!ロッヂ富士見苑! >>

2009.02.23 Monday

日本の秘湯!別府八湯温泉道!墓地の中の無料露天風呂!別府・鶴の湯!




鶴の湯はいったい何処にあるのか?
よく調べないまま来てしまった。

へびん湯、鍋山の湯付近にそれらしい案内板はなかった。

墓地の近くということだったが、山側からの入口が分からない・・・
雪も降っていることだし、出直そうと山を降りた。

帰り道・・・「霊園」の案内板を発見!

もしや鶴の湯とは、鶴見霊園の鶴の湯か・・・











霊園の奥に置くに入って行く。
墓地を左手に見ながら、行き止まりまで行く。

何処にあるのか不安なまま辺りを見回すと・・・煙が上がっている・・・湯煙?

バイクを止めて、細い獣道を歩く。
小屋らしきものが見える。
どうやらここが鶴の湯らしい。

先客がひとり。
着替えて帰るところだった。

湯舟か池か一瞬迷ったが・・・これが湯舟のようだ。

透明度の高い湯で、温度も高いということ。
源泉に近いほうに入ってみた。
雪の日には、ちょうどいい湯加減だ。
ただ湯量が少なく腰のところまでの半身浴。
寒くてたまらないので、寝転ぶようにして浸かった。

夏場は、温度が高く入れないほどということだったが、
それもうなづける・・・こんな日でも、しっかりと温度があり湯冷めしない。

鶴の湯は、へびん湯、鍋山のように未舗装路を行くことなくたどり着けるのでアクセスもいい。

目の前が霊園で、怖いくらい落ち着く。

顔は寒いが体はホカホカ!
いい温泉だ。

【泉質】たぶん硫黄泉

※雨の少ない冬場には、湯量が少なく枯れることもあるようです。

コメント

きれいな露天の温泉と思っていたら、霊園のそばですか・・先客がいると入りにくそうですね。
2009/02/24 12:49 AM by モリノブ
霊園のそばなので、お亡くなりになった方がたいてい湯に浸かっているようです。

2009/02/24 11:01 PM by osaki
私も行ってきました。
2013年2月8日午後1時、別府市 鶴の湯 に入浴しました。雪が舞い、最高気温が4度くらいの日でした。
お湯が熱い。1分も入れば、肌が真っ赤になります。
上がると寒い。一時的に高血圧になりそうです。
深さが30〜40センチ。体を横にしないと、肩まで浸かれません。仰向けに寝る姿勢になり、チンチン丸出しで入りました。
お湯はたっぷり流れていました。
肌がツルツルになりました。

2013/02/09 11:31 AM by 晴夫
4度ですか寒かったでしょうね。

へびん湯の方はゆきかな?
2013/02/10 12:45 PM by osaki

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.nostalgia-web.tv/trackback/1124465

トラックバック

▲top