旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< タイ・バンコク・マクドナルド!ドナルド君の秘密! | TOP | タイ・バンコク・カオサンロード2009 >>

2009.07.11 Saturday

タイ・バンコク・老舗の日本料理店・花屋本店 2009 




楽宮、ジュライ全盛期、長期滞在者がよく通っていた和食の花屋。
花は、売っていない。

分かりづらい入り口だが、少々年季の入った赤い看板を目印するといい。





トンネルの先にまた看板。

奥には駐車場があり、ハイソなお客が乗り入れる。






前回とあまり変わってないかな・・・

日本料理屋は、いつもピカピカ。
パッカーが無理矢理作った日本食屋とはまったく別物。





・・・日替わり定職130B。

古(いにしえ)の楽宮、ジュライ亡き後、台北旅社から日本人が通うも総数では激減。
そのあたりからメニューや味が少々タイ風味になったような気がする。
味が落ちた変わったというのではなく、客筋に合わせたのではないかと思う。

つまり、お客は、タイ人のほうが多い。

日本では考えられない取り合わせだが、香港の日本食屋などは、
昔からこのスタイルで、ラーメンに平気でトンカツがのっかっている。

たれにつけて焼いたポークに刺身、トマトの酸味が効いたすじ煮込み(シチュー)、味噌汁。

タイ人が好む取り合わせなんでしょうね。
ある意味とても贅沢な感じ。

夜も定食をやっていて、これにもう一品付いて160B。
ものすごくお得!





お決まりのカットフルーツ。

あせって、フルーツが来る前に帰らないで!

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.nostalgia-web.tv/trackback/1237235

トラックバック

▲top