旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< タイ・バンコク・カオサンロード2009 | TOP | ポイペト・食糧事情悪化! >>

2009.07.12 Sunday

生存確認・・・2009バンコク




そういえば、Kさんの奥さんから電話があったそうですよ。

私がタイに来る数週間前のことらしい・・・
4年以上会っていない。

もしかしたら・・・もう殺されてるかもしれない・・・
そんなことを言う人もいた。


K氏は、もともとヨガの人で、宿のテラスで、毎日修行に励んでいた。

憧れのインド行きが目的で、念願かなって、インドに出発。
バンコクからインドは、航空券が安い。

しかし、わずか一週間で帰国。
下痢が原因であった。

「インド行こうって人が、下痢で帰国とは、情けないですね〜」

・・・と、いいネタになっていた。

それをカジノに誘ったのが、KR氏・・・
(のちに、KR氏はカジノに誘ったことを後悔していた)

K氏は、カジノで今の奥さん(タイ人)と電撃的な出会い、そして、結婚。

年の差20弱?

結婚当初親戚中金の無心があり、数百万失う。

以後、ギャンブラーの奥さんのため、年間半分はカジノ。
ハイローラーは、ホテル無料がお約束。

私が最後にあったあたりが、ほんとに最後だったようで、
以後、目撃情報なし。

奥さんの賭け方は、ものすごい。
1万バーツチップをぴょ〜〜んと賭ける。

100万円勝つこともあれば、負けることも・・・

この調子だと1000万2000万なんてすぐに無くなってしまう。
Kさんもこつこつ貯めたお金こんなことで無くなっていいのかな・・・
と、内心心配していた。

そして、誰からも噂を聞かなくなって、数年、宿に電話が入ったというのだ。

だんながそっちに行っていないかという電話だ。

ということは、最近までは、確実に生きていたということになる。
無事で何より・・・

でも・・・とうとう逃げ出したようだ・・・

逃げ切れるかどうか・・・

がんばれKさん・・・

きっと明るい未来が待っている・・・


ラスベガスで会いましょう!

コメント

 凄まじい話ですね。Kさんがどうなったのか興味以上のものがあります?どこかわかるような気もするからでしょうか。
 決してOさんではありませんよね?
2009/07/14 12:31 AM by モリノブ
ギャンブル夫婦の未来を案じております。

けしてM夫妻のことではありませんよ。

2009/07/14 1:20 AM by おおさき

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.nostalgia-web.tv/trackback/1237894

トラックバック

▲top