旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 埼玉県入間の名店デカ盛りの『古都』・・・焼肉定食を食らう! | TOP | 日本の秘湯!鄙びた温泉街に鄙びた共同浴場!霊泉寺温泉共同浴場! >>

2010.07.08 Thursday

日本の秘湯!群馬県!硫黄の香りも心地よい尾瀬の目の前!老神温泉 山楽荘!




更新が滞っていましたが・・・ぼちぼち再開します。

今回は、少し前、4月に行った、老神温泉です。
尾瀬に程近い温泉です。

激安温泉ホテル、伊東園ホテルグループがアルコール飲み放題付きになって久しいが、
プラス、マグロ解体ショーもやっているというので、チェックしていた。

近場の伊豆が都合がいいのだが、なかなか日程が合わない。
出来れば、かけ流しの温泉がいい・・・

ひとり泊でもよく、飲み放題食べ放題マグロ解体ショー付きやりたい放題プラン6800円というので、前日ネット予約をいれた。



JUGEMテーマ:旅行



写真は、本館の露天風呂!
デカイ!
男女入れ替え制。


無人の湯船でゆっくりできた。






椎茸の苦手な人には、厳しい?






小型のマグロですが、立派なものです。

もちろん食べ放題です。

他は、地物の山菜を中心にした料理・・・これも、なかなか・・・

生ビールは、モルツ。





生のマグロの弾力・・・

ブルンッ!としている。








本館の内湯。

硫黄泉、噂通りの私好みの湯!

熱い湯と温湯に分かれている。

熱い方は、45度以上ある、メリハリがあっていい。






新館の浴室。

本館と比べるとシンプル!






新館露天風呂。








本館露天風呂









庭の池のような・・・









広ーい露天風呂。









やっぱり本館の硫黄泉がおすすめ!



神が開いた伝説の温泉!

湯の歴史は古く、その昔、赤城山の神(ヘビ)と日光男体山の神(ムカデ)が戦った時、弓で射られた赤城山の神が赤城山山麓に矢を突き刺すとたちまちお湯が沸いてきたのが始まりとか。赤城山の神がそのお湯に傷を浸すとたちまち治り、男体山の神を追うことができたことから「追い神」と呼ばれるようになり、それが「老神」になったと伝えられている。



コメント

マグロと椎茸は当分のあいだ食べられなくなりました・・・・・


あと、45度以上はちょっとキケンでしょう?!
並みの人間の水準値を完璧にオーバーしてますよ。(((( ;゚д゚)))アワワワワガクガク


私的には39度がお奨めです。
2010/07/17 9:21 AM by ルン
●ルンさま●

那須の名湯 鹿の湯では、48度の湯があります。

プロ用ですので、十分注意してください。


老婆心ながら・・・

とりあえず、夏なので・・・
お風呂には、毎日入りましょう!

・・・よい子の約束!・・・

2010/07/17 1:28 PM by osaki

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.nostalgia-web.tv/trackback/1316044

トラックバック

▲top