旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 日本の秘湯!2010年東北北海道ツーリング!北海道!ニセコ五色温泉! | TOP | 日本の秘湯!2010年東北北海道ツーリング!北海道・積丹の高張泉・リフレッシュプラザ温泉998! >>

2010.09.27 Monday

日本の秘湯!2010年東北北海道ツーリング!北海道・グラベル走行注意!雷電元湯・朝日温泉!




予想外の悪路で四苦八苦!

スクーターでは、辛かった・・・


そして、予想外のいい湯でびっくり!


水上勉の「飢餓海峡」の舞台にもなった温泉宿。



集中豪雨で道が崩れ年内(2010年)休業!


JUGEMテーマ:旅行



先日の雨で道がやられた模様。

急勾配のグラベルロード、こういう道は、オフ車がいいのだが、
今回は、スクーター・・・擦らないように慎重に進む。






600円払い、温泉へ・・・

硫化水素臭に湯花が浮いた濁り湯。

たまたま皆、休憩所で休んでいて、独り占めできた。
急いて写真をとって露天へ・・・。

露天へは、細い橋で結ばれている。
細い橋で片足踏み外して、サンダルが、どんぶらこどんぶらこ。
膝と手から流血!
サンダルが完全に流されてくれれば、諦めもつくが、途中で引っかかっている。
岩場を降りれば取れそうなので始末が悪い。

苔でヌルヌルの岩場を降りてサンダルを救出。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寛文6年(1666) 円空 雷電岳薬師堂に観音堂を置く。
天保4〜8年東北地方連年の大飢餓で死する者続出 少しでも余力のある者は
家族を連れエゾに進入、当時 正徳年代(1711)より積丹のカムイ岬は女人
が通行するときは海が荒れるという伝説があり松前藩は政令により婦女子の
通行を禁止したので家族連れは雷電峠を通行した。この時温泉を発見した、と
言われている。弘化元年(1844)中江差徳二郎は熊が傷を負い湯に入るを見て
笹小屋を建て開湯せり。雪中まで浴客来たる。安政3年(1856) 又兵衛が湯守りと
なり山にこもり、大履を作り逆旅をかね、浴槽は上下行を判ち貴賤を分かつとあり。
・・・HPより・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







ややぬるめの石膏泉。

川辺の湯らしくやわらか。



最後に内湯に戻り、傷口を温泉で洗うと、あら不思議!
数分後に傷口がふさがった。




雷電温泉・元湯・朝日温泉

コメント

どんぶらこのサンダルをアップして頂きたかったです。
2010/09/28 11:08 PM by ルン
御池にはまってアップアップ・・・
2010/09/29 7:09 PM by おおさき

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.nostalgia-web.tv/trackback/1316072

トラックバック

-
管理者の承認待ちトラックバックです。
(- 2010/10/04 4:08 PM)

▲top