旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 新さっぽろ!ラーメン大王のカレーラーメン! | TOP | カンボジア!プノンペン!キャピタル2008! >>

2010.10.10 Sunday

日本を旅する!2010年東北北海道ツーリング!オロロンライン・・・サロベツ原野・・・宗谷岬・・・





札幌から宗谷へ・・・

海沿いのオロロンラインを通って行く。

あいにくの天気で海は見えない・・・





JUGEMテーマ:旅行










前日エンジンカバーを開けドライブベルトを交換してある。

6000キロまで引っ張ってみたが、一部ベルトが切れかかっていた。

4000キロ程度が交換の目安か・・・


無人のサロベツ原野を進む。

日本ででこういう場所は、殆ど無いのでライダーには、人気のコースらしい!






1台のセダンがものすごいスピードで追い越していった。

北海道の平均巡航スピードは、70〜80キロと速いので、100キロ以上出ていることになる。

こちらは125の原付バイクなので、トコトコ・・・


サロベツ原野を出ると、さっきのセダンがパトカーと一緒に道路脇に止まっていた。

後日分かったことだが、このあたりは、スピード違反取締りでは有名なところのようだ。






宿泊は稚内。

キャンプ場にするか、オートハウスに来ていた旅行者に聞いた防波堤ドームにするか迷ったが。

雨が降ってもテントが濡れない防波堤ドームに泊まることにした。

先客は、ちゃりだー1名。

他、防波堤では、夜釣りの人が大勢。

かなり騒がしいが、まぁ仕方ない。

スーパー、コンビニで、弁当、つまみ、酒など買って、海を眺めながら過ごす。

一見新しいドームだが、オートハウスの親父さんのよればかなり古いもののようだ。




・・・・・・・WIKI・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
稚内港の防波堤としての役割および、桟橋から駅までの乗り換え通路を兼用するため、1931年(昭和6年)から5年間をかけて建設された。

北海道と樺太を結ぶ鉄道連絡船(稚泊連絡船)の桟橋など港湾施設の保護および、桟橋を利用する乗客の便宜のために作られた。建設後、稚内駅からドームの手前まで国鉄の線路を延長し、同駅の構内仮乗降場扱いで「稚内桟橋駅」が開設され、乗客はドーム内を歩いて桟橋に待つ連絡船に乗り込んだという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







早朝は、宗谷岬!

本州からの旅行者が数人・・・


リタイヤ組の模様・・・







記念碑よりは、普通の海のほうがいい・・・

今日中に札幌に帰る。

ライダーハウスなので、チェックイン時間の心配がいらなので気は楽だ。



コメント

どうしてリタイヤなんですか?
2010/10/11 7:56 PM by ルン
年取ったからじゃないですか。
2010/10/11 10:35 PM by おおさき

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.nostalgia-web.tv/trackback/1316079

トラックバック

▲top