旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 日本の秘湯!栃木県 那須 アルカリ硫黄の鄙び湯 老松温泉! | TOP | 日本の秘湯!栃木県那須湯本温泉・立花屋はなやホテル 小鹿の湯! >>

2011.02.27 Sunday

日本の秘湯!栃木県!那須七湯の忘れ去られた温泉・・・弁天温泉!




那須七湯のひとつ弁天温泉。

湯元からさらに山を登り、道端ののぼりを目印に脇道に入る。
終点が弁天温泉だ。

鄙びたというより、寂れた温泉一軒宿。


建物はともかく、湯はいいという話。



JUGEMテーマ:旅行



入浴料は、この辺りでは、驚異的に高く1000円!

だからといって設備がいいわけではなく平均以下・・・

無愛想で有名な主人が「2時間程度でお願いします」とのこと・・・

「ゆっくり入っていってください」が、定番なので少々驚く。
そんなに混んでいるのかといえば、客は私一人だけ・・・

やはり評判通りの温泉、寂れるはずだ・・・

どういう理由で濡れているのか分からない暗い廊下を渡り脱衣所にたどり着く。





脱衣所は、少々くらいが、カゴには気を使っているようだ。

内湯は、男女別だが、外は混浴。

2時間程度と言っておきながら内湯にはまだ湯が十分に入っていない・・・
露天風呂から入ることにする。





湯は、単純泉と鉄泉。

庭の池のようなこちらの露天風呂は、単純泉。
湯は低温で長湯できる。

湯量も豊富なようで気持よく掛け流されている。

単純泉の濁りということで見た目もいい。
温泉の香りもあり、温泉好きにはおすすめの湯だ。


湯に浸かりながら振り返ると・・・

建物が朽ちて崩れそうだ・・・ブルーシートがかけてあって嗚呼・・・





結構長湯したが、とうとう内湯は、あふれることがなかった。

湯は少なめでも浸かるには十分だったので、内湯を一人堪能!


主人は無愛想だけれども「湯に罪はない!」

無くなる前に是非入っておこう!


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.nostalgia-web.tv/trackback/1316099

トラックバック

▲top