旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< チベット!カイラス巡礼!伝説のガンガー源流を見下ろす! | TOP | ベトナム!フーコック島!デュンドン市場の人々! >>

2008.03.27 Thursday

チベット!ゲルク派の総本山!ガンデン寺を歩く!

ガンデン寺


ゲルク派の総本山、標高4200mに建つ「ガンデン寺」
59年の動乱時、セラ寺、デプン寺とともに砲撃を受け破壊される。

90年代半ばに始めてチベットに行ったときには、
まだ修復が進んでおらず、見るべきものはないと言われ、寺には行かなかった。
今にして思えば、何もみるべきものがないという
破壊しつくされたガンデン寺を見ておくべきだったと後悔している。

チベットは中国ではないというビラを配ったり、共産党に対する非難や彼らがやってきた民族文化、宗教への迫害を熱く語る僧侶?
・・・らしき人達の話を散々聞かされた。

自治区内の都市部では、あまりあからさまに言う人は少ない。
酒を飲めば、ぽろぽろ本音が出るが。。。

自治区外に出ると、みんなかなり警戒して本音を言わなくなる。
声が漏れるのを警戒して、筆談し、その紙は、すぐに燃やしてしまう。

漢民族がもっとも用心深く、チベット人は、酒に弱く、つい口を滑らせてしまう。

写真は、2005年にチベットに行ったときのもの。
90年代のガンデン寺は、共産党と小競り合いが多かったようで、
行こうと思うと、閉鎖されていたりと、なかなか機会に恵まれなかった。

2005年時には、建物自体は、かなり復旧しているように見える。
まぁ破壊される前を知っている人に言わせると、全然修復されてないということらしいが・・・

以前は、ジョカン前から一日一本程度しかない巡礼トラックの荷台にチベタンと一緒に揺られて行くのが、
普通だったのだが、最近は、(中国にしては・・・)結構ちゃんとした観光バスが毎日何本も出ている。

開祖は、ツォンカパで、ゲルク派の開祖。
ダライラマは、ゲルク派。

戒律に厳しい宗派だが、巡礼者用の食堂では、肉料理も出されていた。
宿坊もあるので宿泊可。




寺院の周りにある巡礼路を歩き、川を見下ろせる場所に立った。
こんなに美しく、信仰心の強い国が、あんなわけの分からない赤い人達に占領されてしまうとは・・・


コメント

1993.8.19にラサのホリデイインで雇ったジープで出かけたことがありますが、写真の姿とあまり変わりはなさそうです。 たまたま過去の写真を整理しているときに当時の写真を自分のアルバムから見つけて思いました。

当時は共産党の支配がすごく、ラサゆきの飛行機には開放軍人が軍服のまま多数のっており、きけば観光旅行とのことでしたが、実際は威嚇のための集団だったように思えます。 六角堂のあたりにも多数の軍服姿の観光客がうろつき、建物の上からは監視カメラでチベット人を見ていました。

いくつかの寺では僧侶が破壊のすごさを語ってくれましたし、当時雇ったチベット人のガイドは恐ろしく下手な英語でしたが、彼も憤りをこめて当時の破壊ぶりとかいかに中国人によってチベットが抑圧されているかを物語ってくれたのを思い出します。
2010/09/02 4:37 AM by ぽこたん
当時の破壊の後の写真があるのですが 写真添付がこのコメントではできないかもなので 送れないのが残念です。

同じような場所から撮影したものから見る限りでは破壊をかんじないのですが 別の場所から撮影したものをみると 相当の破壊を感じさせるものであり、 まるで古代遺跡のような雰囲気が破壊された壁などからうかがうことができます。 その部分は荒涼とした感じになっています。
2010/09/02 4:46 AM by ぽこたん
ここ数年チベットが大変なことになって、チベット行きたいと思わなくなってしまいました。

観光化著しく、ココシリあたりに行かないともはや感動はないかも・・・

もちろん私的に・・・ですけど・・・

2010/09/14 5:54 PM by おおさき

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.nostalgia-web.tv/trackback/134586

トラックバック

▲top