旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 日本を旅する!関西で3大巨匠と会う掘 | TOP | 日本を旅する!山梨・山中湖 >>

2006.07.09 Sunday

和歌山 白浜 海辺の絶景露天風呂「崎の湯」

 
潮風が暖簾を押して歓迎光臨! 白浜 「崎の湯」
 

「崎の湯」です。
メインの道路から細い一本道を入って、突き当たり。
看板があったと思います。
入浴料300円です。
無料駐車場ありです。

 
見渡さなくても空と海!



露天風呂、磯の香りと波の音!


しょっぱくて、ヌルッとした温泉です。
湯船は2つ。

源泉の温度が高いらしく、
一つ目の湯船で温度調整したものが、
下に流れてくるようにしてありました。

水道水で冷やすので、ちょっともったいない気がしました。


有料になりました。  



 
「朕は、温泉に入りたい」・・・と言ったとか言わないとか・・・

コメント

海水が混ざりにくいように、温泉は海面よりは高めになっているのでしょうか。
時化のときなんかはスゴイでしょうね。
それにしても、七湯のうち残っているのが二湯だけとは
淋しいです・・・。


あと、券売機を見て思ったのですが
「3才以上 300円」は、「三才以下 無料」と書くんじゃないかなぁ、ふつう・・・。


「潮風が暖簾を押して歓迎光臨!」 いいですね♪

でも、「光臨」は何て発音するんでしたっけ??
2006/07/09 8:23 PM by ルン
ルンさま

露天風呂から海までは、多少距離があるので、
海水が入ることは少ないと思われます。

時化のとき、台風なんかのときは、
かぶるんじゃないでしょうか。

そういう時に入ってみたいものです。

券売機で気になるのは、
外湯めぐり250円です。
次回行ってみます。

「歓迎光臨」(いらっしゃいませ!)は、「ファンイン・グワンリン」です。

2006/07/09 10:00 PM by osaki

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.nostalgia-web.tv/trackback/169468

トラックバック

石部温泉・平六地蔵露天風
石部温泉・平六地蔵露天風 もう温泉はお腹いっぱい? とりあえず今回で一区切り。海水浴場の前にある無料温泉露天風呂。 上のお地蔵さんがこの温泉の由来だとか・・・。 夏になれば、海水浴客がたくさん入りに来る。 「ウェットスーツでの入浴はできません」
(旅するブログ! 2006/07/16 5:16 PM)
沢田公園・露天風呂
海を見下ろす絶景露天風呂  2週間前は、静岡の赤石温泉に行っていた。本当に、夜買い物するところがないところで、西伊豆ももしかすると・・・と、思って行ったが・・・。  ヤオハンもダイソーも大きいスーパーもあり、何も心配することはなかった。  
(旅するブログ! 2006/07/16 5:18 PM)
赤石温泉白樺荘
嗚呼白樺荘やっと見つけた! 富士吉田でうどんを食っていたら、静岡着が7時過ぎてしまった。 やはり富士山周りは時間がかかる。朝からの雨はとうとうやむことがなかった。ガストは、混んでいたので、早々に席を立った。362号線を北上する。 362から県道60号に
(旅するブログ! 2006/07/16 5:20 PM)
雲見温泉・露天風呂
絶景無料露天風呂・・・ 西伊豆に無料の露天風呂が多いと聞き、とにかく行ってみた。前日入りして道の駅にP泊。キャンピングカーの家族連れ、数台のセダン。施設は、トイレ、日帰り温泉施設、売店&インフォメーション、フリースポット、レストラン。   次
(旅するブログ! 2006/07/16 5:24 PM)

▲top