旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ベトナムの甘味・・・「チェ」 | TOP | ベトナム・ニャチャン・海鮮五目ぶっかけ御飯! >>

2006.09.30 Saturday

日本を旅する!山形県・蔵王・お釜



蔵王温泉までは、行くことがあっても、お釜見に行くのは、
十年ぶりくらいだろうか?

そう何回も見に行くものでもないし、
結構遠いですから・・・。

久しぶりに見たお釜は、やはり大きかった。
カルデラは鍋の意味だから、人間考えることは一緒と言うことか!

昔は、湖の近くまで降りようか・・・なんて思ったが、
今はそんなことも思わなくなってしまった。

降りようと思えば降りれるようになっています。


★お釜★
湖水は強酸性のため生物は生息できません。水温は表面から10数メートルの深度で摂氏2度まで下がり、それより深度を増すと温度が高くなる特殊双温水層で、世界でも例がない湖です。
〜〜宮城県蔵王町観光協会〜〜

今回は、宮城側の観光協会。
どっちが本家で、どっちが元祖??

コメント

観光協会

宮城側からの方が 「真面目」 っていう感じがします。
「こどものページ」 なんていうのもあるし・・・

私は 「こけしの里」 に行ってみたいなぁ(こけし可愛いです♪)

それにしても、osakiさんはなぜ湖の近くまで降りないのですか?
あんなにキレイなのに・・・(・・?
2006/09/30 11:27 PM by ルン
ルンさま

スケール感が伝わっていないようですね。
修行しなおします。

お釜はかなり大きくて、手前は柵があるので
向こう側に回って、降りていくとすると・・・
1時間以上私だったら2時間は見ておかなければなりません。
ちょっとした登山です。
2006/10/01 4:12 PM by osaki

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.nostalgia-web.tv/trackback/267577

トラックバック

蔵王のお釜
広大な奥羽山脈の一つ、蔵王 ▲蔵王のお釜 ・場所:宮城県刈田郡蔵王町(蔵王エコーライン間) *エコーラインは冬期間11月〜4月は閉鎖。 ・行き方:山形-仙台間の蔵王エコーラ...
(山形旅行 - 観光、温泉、名所、宿泊 2007/10/20 8:53 AM)

▲top