旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ラサ・チベット式アパートメント! | TOP | チベット・ラサ・今時のアパートメント! >>

2007.01.29 Monday

日本の秘湯!山形県!かみのやま温泉!下大湯共同浴場!



上山温泉付近は、帰省の時には、よく通るが、温泉街に入ったことはなかった。
あまりに近すぎて、逆に行く機会がなかった。
近くに蔵王、赤湯がある。少し行けば天童。このあたりは、温泉だらけなのだ。

かみのやま温泉には、共同浴場がある。
中でも一番歴史が古いという下大湯共同浴場に行ってみた。

町並みは普通の田舎町だが、下大湯につながる路地を一つ入ると・・・
いい面構えの建物ではないか!
昭和32年に建てられたという雰囲気のある建物には大きく「下大湯共同浴場」とかかれていた。
後ろにある「湯の上観音」の朱色がいいアクセントになっている。






入り口に行くと・・・これまた、ガラスに「下大湯」
今となっては、「和風」というより、むしろ「モダン」に見える。





中に入ると、そこは・・・。
一瞬平成の世であることを忘れてしまった。
券売機を見て、やっと正気を取り戻して、2007年新春であることを思い出した。
しかし、入浴料80円を見て、また、いつの時代か不安になった。
洗髪料70円、2階使用料300円・・・休憩所か?
「うどん一杯いくらだ?」と探したが、うどんは、ないようだ。


泉質 塩化物・硫酸塩泉。
共同湯ではありがちな「あつ湯」

浴室の壁には、富士山ならぬ屋外用と思われる広告看板がいくつも並んでいた。
ジャポニズムだな・・・こういうのは、狙ってできるものではない。








車は、町の中心にあるショッピングセンター「カミン」に止めた。
「かみのやま」だから「カミン」なのだ。
「カミン」の駐車場は、立体駐車場ながら無料だった。
一階中央では、新年の催しものだろうか、時に音楽を流し、
時にカラオケをやったり、ちょっと締りがない会だった。

お年寄りが、なんとなくパイプ椅子に座り、
思い思いの時間を過ごしていた。

音楽担当は、これまた年季の入ったDJとアシスタント。
不意に中国の地方都市を思い出して涙ぐんだ・・・(嘘)


※観客の前方は、ステージですが、何もやっていません。

コメント

入浴料金80円も感動ですが、 「祝 上山フルスイングクラブ」 の垂れ幕がかかる1枚もなかなかイイ味でてます(*^。^*)


何もやっていないステージの前とは思えないほど、皆さんシャンと座っておられますね。
山形の人は辛抱強いなぁ (あるいはノンビリか)
2007/01/30 11:26 PM by ルン
>ルンさま

「上山フィル」でもなく
「上山スウィングバンド」でもなく
「フルスイングクラブ」小中学生硬式野球クラブだったとは・・・
2007/01/31 7:58 PM by osaki

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top