旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 日本の秘湯!ツーリング編!北海道・養老牛・からまつの湯! | TOP | 日本の秘湯!ツーリング編!北海道!岩尾別温泉・三段の湯! >>

2007.11.12 Monday

日本の秘湯!ツーリング編!北海道・知床半島・相泊温泉露天風呂!



養老牛温泉をでて、川北温泉に行った。
北海道の秘湯は、人がいっぱい!
入るのは断念して、知床へ向かった。

オホーツクの風は強く横風に耐えるのは大変だ。
羅臼に入り温泉よりも先にテントを張った。
余計な荷物は、テントに突っ込んで、有名な熊の湯へ。
大変な混みようで入るのを断念。
知床半島の奥にある露天風呂へと向かった。
瀬石温泉はシーズンの営業を終了していた。

残すは、一番奥にある秘湯!相泊温泉(あいどまりおんせん)露天風呂!
ここはいくらか空いておる。
4人ほどが入浴中!



カップルの女性のほうが服を着たまま湯船の周りをウロウロしているので、入りづらかった。
入らないのなら離れていて欲しいものだ。

とにかく服を脱いで風呂に入った。
よく煮込んだ昆布だしのようなまろやかさがあるお湯だった。
御崎海浜温泉「浜の湯」に似ている。

ふと先客のひとりと目が合った。
「ああ・・どうもどうも!」
「コタン温泉」と「からまつの湯」で会った出張の人だった。
温泉好きはやはり行く場所は決まっている。
三回目の再会だ。今日入った温泉は、ほとんど同じだった。

湯が高温でないために長湯できた。
人がいなくなり黄昏が露天風呂に写ってゆらゆら揺れている。

左側が男湯、右側が女湯だ。
ベニヤの小屋にベニヤの仕切りがあったらしいが、強風や荒波によって、
現在は、このように非常にさっぱりした感じになっている。



ツーリングも終盤。長湯のせいか帰り道で湯冷めするようなことはなかった。
知床国立公園羅臼温泉野営場は、オフシーズンにもかかわらずいっぱいになっていた。

【泉質】弱塩泉

コメント

>カップルの女性のほうが服を着たまま湯船の周りをウロウロしているので、入りづらかった。
入らないのなら離れていて欲しいものだ。


いつになくイライラしていらっしゃるようですね。
そろそろ旅の疲れが出ている頃でしょうか・・・

ゼヒこちらのページを読んで、1日も早く心の平安を取り戻してください。
ご健闘お祈りいたします。

http://www.meritbank.net/tokusyu/5/











2007/11/12 10:58 PM by ルン
>ルンさま

宣伝広告に、まんまと嵌められましたね!

カルシウムをイスラム原理主義者に飲ませたらキットより良い世の中になるでしょう。
2007/11/13 5:43 PM by osaki

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.nostalgia-web.tv/trackback/608861

トラックバック

▲top