旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2009.04.06 Monday

伊豆のデカ盛の名店・とんかつ一(はじめ)!




伊豆下田のデカ盛の名店とんかつ一。

とんかつ一への道は、遠く険しい!
だからといって、道中つまみ食いをしてはいけない。

よいこの約束!


続きを読む >>
2009.03.19 Thursday

愛知 デカ盛の名店 カフェ・マジョリ




雨も上がりバイクツーリングも快適になった。
愛知入りして、夕食は、カフェマジョリ。

夕方は、6時半からとなっていたので、場所だけ確認して、近くのカー用品店へ。

大雨に2日も降られてチェーンが油切れしているようで、バイクが重い感じになっている。
チェーンオイルを買って、駐車場でたっぷり吹きかける。

時間を調整して、カフェに戻ると、行列20人弱。
駐車場も満車に近い。

かなり待たされると思ったが、なんとか中に入ることができた。

美味しく食べるには、間食せずに持ち帰るのがいいかもしれません。




続きを読む >>
2009.03.16 Monday

御殿場のデカ盛の名店「魚啓」




パラパラと普通に降っている雨もバイクに乗っていると、
それはもう暴風雨なわけで、しかし・・・

もう家を出てしまったのだから後戻りはできない!
いやホントはできるかもしれないが、ナビがこっちへいこうといって聞かないのだ。

雨がどんどん強くなり、暗い道で対向車が来ないと道の先がどうなっているのか見当もつかない。

家の明かりが見えてきた。

あった「魚啓」・・・割烹もやっているのか・・・入口は何処だ・・・

ぜんぜん見当違いの入口から入店。


この後、霧の中、宿泊予定地「駿河健康ランド」へ。
日本一の健康ランドの呼び声も高い駿河健康ランド!

続きを読む >>
2008.12.08 Monday

パラダイス・カフェ・サドルバックで真鶴道路を眺める!




伊豆からの帰りは、真鶴道路を通らずに旧道を通る。

江の浦にぽつんと黄土色の小洒落た建物が見えたら「パラダイス・カフェ・サドルバック」だ。

パンを器にしたビーフシチューが美味しい。
この日は、夕食には、少し早い時間だったのでカフェオレだけにした。

テラスからの眺めが気持ちいい。
さすがにもう寒くて外でカフェオレを飲む気にはならなかった。





相模湾・・・真鶴道路・・・

渋滞する車のテールランプの流れが綺麗に見える。

これからこの渋滞に合流する。

バイクなら渋滞も関係なくあっという間だが、今回は、車・・・
寒くないかわりに渋滞を抜けるのに少し時間がかかる。



※デジカメの設定ミスで最小画素で撮ってしまった。
外壁塗り替え中だったので、外観はまた次回・・・


大きな地図で見る

2008.11.12 Wednesday

デカ盛の名店・・・洋食ZORO・・・!



神奈川県平塚の名店「洋食ZORO」

はじめて来たので、とりあえず「デラックスグリルドミックス」

ご覧のとおり鉄板焼のミックス。
一口食べると・・・
香港の銘店「富成」の「ザーパーファン」を思い出した。
まぁ鉄板焼の味なのだけど・・・

ポークソテー久しぶりに食べました。

おかずはたっぷり、ご飯が足りない・・・
完食のためお代りはせず、ひたすら肉を食らう!



たっぷりかけられたデミグラスソース・・・


ではなくて・・・


カレーソース・・・

う〜ん・・・泣かせる!


ご馳走様(合掌)


2008.11.10 Monday

18号線沿いのデカ盛の名店 「18BAN」



どんぶりは、ラーメンどんぶりに限る!

大振りのラーメンどんぶりに、これでもか!とちょっと甘めの豚ばら肉のしょうが焼きがのった焼肉丼。

沢庵2枚がなかせる!

これが普通盛り900円。大きすぎるのか「小盛り」の設定もある。

味噌汁碗が小さく見えるが、どんぶりが大きすぎるのです。

この丼ひとつで、成人男性一日分のカロリーは、十分にまかなわれると思われる。




店内は、北海道と昭和の看板で溢れている。

70年代中心は、オーナーの趣味か??

日曜日でライダーのお客も多い。
国道18号線沿いで分かりやすい。

小諸と上田の間。





「だぁーれもっいないうみっ・・・」流れる歌謡曲・・・

もちろん、森高じゃないよん。

店内は結構広い・・・駐車場も、かなぁーり広い!




看板を見て、ラーメン屋さんだったことを再認識する。



2008.10.12 Sunday

大清で日本の正しいとんかつを食らう!



やはり、トンカツは、厚さ3センチ以上あるべきではないか・・・
と、以前から思っていた。

最近巷では、透かしたら向こうが見えそうなCUTLETばかりで、
日本のトンカツと呼べるものは、久しく見ていない。

おお、こんなところに・・・
山梨県で発見した「大清」のトンカツに合掌!


続きを読む >>
2008.09.24 Wednesday

福島県!喜多方ラーメン!坂内食堂本店でラーメンを食らう!



明け方に目が覚めた・・・ラーメンが食べたい!

ラーメンは喜多方・・・と言うわけで、一路喜多方を目指す。

夏とはいえ、長袖でも少し寒い。
車が少なく走りやすい。

地図はない。
喜多方ラーメンのささやきに耳を傾けひたすら進む。
喜多方の町に入ると、ラーメン屋はあるが、時間が早いらしくて、みな閉まっている。
今度はラーメンの香りを頼りに、ひたすら進む。
駅前を通り過ぎ、信号を曲がり、異様に細い道を左に入る・・・

バイクが数台と車が何台か止まっている・・・
お寺があり、ラーメンの香り・・・

坂内食堂から湯気が上がっている。

ラーメンブームに乗って、ものすごい数の支店があるが、本店はいたって質素な感じだった。
食券方式かと思ったら、入り口を入ってすぐ注文を言って、先払い、
その後、席につく・・・という、ベルトコンベアー式注文だった。
水もセルフ。

ネギチャーシューラーメン1000円

それにしても、朝っぱらからラーメン食べる人がいるんですね。
・・・嗚呼!喜多方に日は昇る・・・



よくあるデカどんぶりではなくて、昔ながらの小ぶりな器。
その中に麺がギュッっと詰まったような感じだ。

チェーン店よりもなおあっさりスープ・・・。
太面縮れ麺とろけるチャーシュー

それにつけてもあっさりスープ。
本店はやはり違う。。。

健康のためにスープは残した。

いい汗をかいた・・・

すでにいたライダーが店を出る。

ツーリング+コンビニ・・・になりがちだが、せめて、
ツーリング+ラーメン・・・にしたいものだ。

そして健康のために、スープは残すべきである(よいこの約束)

2007.11.15 Thursday

北海道・網走監獄・監獄食を食らう!



食堂に入り、「監獄食」500円を頼んだ。
他のメニューはない・・・ここは、網走監獄・・・。

数字の書いてある札が渡されると、囚人でなくとも
そこからは、親からもらった名前ではなく番号で呼ばれることになる。

飯炊きおばさんは、番号以外の言葉を発しない。
席をさがし、呼ばれるまで無言で待つ。

飯炊きおばさんは、我々囚人から見ると、雲の上の権力者だ。
飯炊きおばさんの‘さじ加減’ならぬ‘しゃもじ加減’で、その日の飯の量が決まってしまうからだ。

三つの囚人番号が呼ばれた。



私の前に呼ばれた二つの番号は、熟年夫婦だった。
我々は、卑屈に背中を丸めて「監獄食」を取りに行く。
順番にお盆にのった「監獄食」を取っていく・・・
囚人夫婦・おじさん囚人がとり、おばさん囚人が・・・私の分の監獄食を持っていく!・・・
不審に思って、取り残された囚人おばさんの分の監獄食を見てみると・・・
おかずのホッケがいくぶん小さいのだった。

食い意地の張ったオバハン囚人め!

囚人たちの中での争い事は、こういう些細な原因がほとんどだ。
私は模範囚なので少しも動じることもなく、いくぶん小さなホッケの監獄食を持った。

食い意地の張ったオバハン囚人め!

食い意地の張ったオバハン囚人は、いくぶん大きなホッケの監獄食を小脇に抱え
声にならないうなり声を上げながら、逃げるように部屋の隅に消えていった。

食い意地の張ったオバハン囚人め!





上の写真中央が監獄食のベースになっている。
ホッケと小鉢二つ三つ。

主食は、監獄内での仕事量によって決まってくる。
重労働=御飯が多くなる

御飯は、麦3米7の麦飯。本来は、麦6米4(麦のほうが多い)くらいが多いと言うこと。
※「ムショ帰り」は、6:4がなまったもの・・・
『明治41年に監獄法ができました。その中で決められている当時の囚人が食べるご飯の混合率、『麦6、米4』の、“む”と“し”がなまって“むしょ”になったんです。それで、刑務所という呼称のなかった明治のころから“むしょ帰り”と言う言葉はあったんです。』
・・・公式HP・・・

上の写真の上段は、正月メニュー。甘いものがついてくる。

監獄食のホッケは脂がのっていて美味しかった。


それにつけても・・・食い意地の張ったオバハン囚人め!


2007.10.15 Monday

君は、わかさいもを知っているか!?北海道洞爺湖!わかさいも本舗洞爺湖本店!



君は、わかさいもを知っているか?
北海道では。超有名定番ブランド「わかさいも」

大正12年、道民の夢は、薩摩芋の焼き芋を食べることだった。
北海道では、薩摩芋が手に入らなかったからだ。
そこで、わかさいも本舗の創業者が芋を使わない焼き芋を考案した。





現在では、このように本物の薩摩芋を使った「スイートポテト」も販売されている。
賞味期限が短いので・・・確か数時間・・・通販はされていない。
くりぬいた焼き芋にスイートポテトを詰めたもので、かなりボリュームがあり、味もいい!

本店内の一角に喫茶スペースがあり、そこでコーヒーを頼んでスイートポテトを食べた。

※いくつもの類似品がある。参考資料

▲top