旅するブログ!

写真家 大学のチベット、中国、ベトナム、カンボジアなどの秘境辺境、祭りの写真と文章!
日本の秘湯ツーリングなど、旅するブログ!

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2009.06.05 Friday

日本の秘湯!別府八湯温泉道!鉄輪・小倉薬師温泉・丘の湯!




キャンプ場の朝は早い。

朝といえば、朝風呂・・・ということで、交通の便の良い
九州横断道沿いにある二つの温泉に入ることにした。



続きを読む >>
2009.06.03 Wednesday

日本の秘湯!別府八湯温泉道!鉄輪・地獄原温泉!




地獄原温泉とは、なかなか男前な名前だ。

最初通った時には、かなりの人で賑わっていたので、入浴は遠慮した。

夕方、また前を通ると、今度はどうやら空いているようだ。



続きを読む >>
2009.06.02 Tuesday

日本の秘湯!別府八湯温泉道!鉄輪・砂原温泉!



場所は、九州の名店!スーパーマルショクを背に、
ドラッグストアーの方に道路を渡ってすぐ。

家々が密集しているようなところにある共同浴場が多い中、
ここの温泉は、駐車スペースもあり、かなりゆったりしている。

青空をバックになかなかの佇まい・・・


続きを読む >>
2009.06.01 Monday

日本の秘湯!別府八湯温泉道!鉄輪温泉・谷の湯!




鉄輪の温泉街から離れ、民家のある路地のほうへ入っていく。
建物の側面に谷の湯の文字・・・。

さらに進むと、建物の正面に出た。
建物の半分が道路の下にある・・・
なかなか個性的な建物だ。

さらに個性的なのは・・・
男湯のみにあるということだが・・・


続きを読む >>
2009.05.29 Friday

日本の秘湯!別府八湯温泉道!鉄輪温泉・無料の塩化物泉・熱の湯!



==================================

別府八湯の中でも、おびただしい湯けむりが立ちのぼり最も温泉場らしく感じられるのが鉄輪です。
古くから利用されていた温泉で、「浮湯、怒湯(いかりゆ)、金の湯、兎狩の湯(うさぎがりのゆ)とも呼ばれていました。
熱の湯という名前は、身熱を除去する効果があることから名づけられたと、伝えられています。
以前は、飲泉場(建物の左側に跡地が現存)や調理場、洗濯場(建物の右側に現存。
下熱の湯とも呼ばれています)としても利用されていました。
現在の建物は、昭和52年に建設されたもので 無料温泉として、多くの方が利用されています。

【別府市ウェブサイト】
==================================


狭い熱の湯通りを行くと、すっと視界が開けた。
ちょっとした・・・いや、結構ちゃんとした駐車場が現れる。

その向かい側が、無料の市営の共同浴場「熱の湯」だ。


続きを読む >>
2009.05.28 Thursday

日本の秘湯!別府八湯温泉道!鉄輪 筋湯温泉!




筋湯、筋湯・・・筋湯と言う名の温泉は、ここ別府にもいくつかあるが、
筋湯だけは十分気をつけるように・・・
と、最初に言っておかなければならないだろう。

そうしないと・・・


続きを読む >>
2009.05.26 Tuesday

日本の秘湯!別府八湯温泉道!別府・鉄輪温泉・渋の湯!




ちょっと新し目の建物。

今回は、バイクで来たが、鉄輪は、温泉が密集していて、ほとんど歩いてまわれる。
温泉と温泉が近すぎて、のぼせてしまいそうだ。

メタ珪酸含有量が多いという渋の湯・・・先客はいるかな・・・





続きを読む >>
2009.05.25 Monday

日本の秘湯!別府八湯温泉道!鉄輪温泉・上人湯!




別府のキング・オブ・キング・・・湯煙に包まれた町「鉄輪」にやってきた。
ゴールデンウィークのはしり、と言うことで、いで湯坂には、臨時駐車場が作られていた。
ちょうどその隣に、「武家屋敷を思わせる佇まい」と温泉本にも書かれている共同湯「上人湯」がある。

組合員の温泉だが、向かいの食堂で、100円払って札を借りて、入浴する。



続きを読む >>
2009.05.24 Sunday

日本の秘湯!別府八湯温泉道!野口温泉!




場所は分かっているのだが、一方通行で、すこしてこずった。

駅に近い住宅街にある共同浴場。



続きを読む >>
2009.05.22 Friday

日本の秘湯!別府八湯温泉道!春日温泉!




鄙び湯?

公民館の上に温泉の看板・・・

温泉の入口は、脇の路地を入ったところです。




続きを読む >>

▲top